マウスピース矯正

インビザラインの特徴

インビザラインの特徴

歯科矯正先進国アメリカで誕生

見た目を気にせず矯正できる画期的な治療方法として、歯科矯正の需要が非常に高いアメリカで1997年に誕生しました。矯正方法の中でも非常に人気の高い治療法で、現在では全世界に広く普及していった結果、400万人以上が実際にこの方法で治療しています。

治療完了までの歯の動きが見える

この治療を受けるすべての患者さまは治療開始前にクリンチェックシステムという独自の術前シミュレーションが行えます。治療開始から終了までの歯の動きを3D画像で確認することが可能ですので、安心して治療に踏み切ることができるでしょう。

治療期間が正確に予測できる

先述したように、治療開始前に治療終了までのすべての過程を正確にシミュレートすることが可能なことから、治療期間も正確に予測することができます。患者さまも計画的に、かつ高いモチベーションを維持しながら前向きに治療に取り組むことができます。

オーダーメイド方式

精密検査によって得られた3Dデータをもとにして、患者さま一人ひとりに合わせたマウスピースを設計していきます。専門工場で専門技工士が、設計と治療計画にもとづき製造するため、インビザライン治療の全過程のマウスピースを一度に製造することが可能です。

幅広い症例に対応

従来のマウスピース矯正では困難とされていた症例にも、比較的幅広く対応することができます。独自のクリンチェックシステムの術前シミュレーションを行え、治療完了までの歯の動きを正確に計画することができるためです。

シンプルで安心な矯正方法

インビザラインの矯正装置はマウスピースのタイプですので、食事や歯磨きなど必要に応じて自分で着脱が可能です。2週間ごとにマウスピースを自分で交換して治療を進めていきます。そのためブラッシングなどのお手入れは普段通り行えることに加えて、ドクターが定期的にチェックも行いますので安心して治療に取り組めます。

こんな方におすすめ

矯正中の見た目が気になる方

矯正中の見た目が気になる方透明で薄いマウスピースですので、多くの人と接する機会の多い接客業や営業職などの方で、歯並びが気になるという方にはおすすめしやすい矯正治療です。キャビンアテンダント、キャスター、アナウンサー、俳優や女優の方にも使われており、ワイヤーなどが目立つ矯正器具を装着していることが気になるという方でも、周囲の方に気づかれることなく、治療をし続けることができる透明なインビザラインであれば、治療のためのハードルは比較的低いと言えるでしょう。

矯正中の歯の痛みを軽減したい

矯正中の歯の痛みを軽減したいインビザラインは無駄な歯の動きがなく、治療のステージごとの移動の幅も小さいので痛みはほとんど感じられません。インビザラインは必要最小限に歯の動きを抑えることができる矯正治療でもあるのです。

金属アレルギーの方

金属アレルギーの方メタルフリーのインビザラインなら、お口の中が金具などによって傷つく心配もありません。唾液にさらされているため、口内は金属に対するアレルギー反応が出やすい環境ですが、多くの方に安心してお使いいただけます。

妊娠中の方

妊娠中の方メタルフリーであるインビザラインは、身体に余計な負荷をかけないため、妊娠中の方でも安全に受けられる矯正治療です。また、妊娠中はホルモンバランスの変化などによりお口の健康状態が悪化し、むし歯になりやすい傾向がありますが、そうした意味でも取り外してケアできるインビザラインを妊娠中の方の矯正治療として、当院では特におすすめしております。

メリット・デメリット

矯正中の快適さや矯正を行う敷居の低さ、安全性などインビザライの豊富なメリットとデメリットをご紹介します。

インビザラインのメリット

目立たない

薄くて透明な矯正装置なので、気づかれにくい、目立ちにくい、といったことがまず最大のメリットとして挙げられます。見た目を気にすることなく矯正治療を始めることが可能です。

自分で着脱

歯に固定して、矯正治療が終わるまで自力で取り外せない矯正器具とは異なり、マウスピース型のタイプの場合は取り外して矯正装置のお手入れや歯磨きができるので、お口の中を清潔に保ちやすいと言えます。

歯磨きしやすい

自分で自由に矯正装置を取り外せるといった理由から、歯に固定された矯正装置のように歯磨きの際に器具が邪魔になることがありません。特別なブラッシングの指導などがなくても、普段通りのブラッシングで隅々までキレイに歯を磨きやすい矯正治療です。

ストレスフリー

ワイヤーを固定することによって強い力で歯を移動させる従来の矯正治療のよりも比較的、違和感や痛みを感じにくい治療になります。ひとつのマウスピースで少しずつ、段階的に歯を移動させていくためです。

いつでも始められる

結婚式など人生の大切なイベントを目前に控えていても、インビザラインなら矯正治療を断念する必要はありません。その場面や状況に応じて比較的自由に自分で着脱を選択することができます。矯正装置自体が目立ちにくいため見た目を気にすることなく、自力で着脱もできるインビザラインならではの魅力です。

身体にやさしい

より一般的な矯正装置である金属製のワイヤーやブラケットを使用していないことから、口の中に金属を入れることに抵抗のある方や、金属アレルギーにお悩みの方でも、安心して矯正治療を受けることができます。

通院が少なめ

通常の矯正治療では歯の移動に合わせて、矯正装置を小まめに医師が調整する必要があるため、そのぶん患者さまも頻繁に通院することが求められます。インビザラインは矯正治療の進捗に合わせて、矯正装置を自分で交換することが可能なことから、通院の頻度を抑えることができます。

社会人でも始めやすい

インビザラインは日々多くの人と接し、身だしなみや印象が問われる社会人の多くの方に選ばれている矯正治療法です。見た目の影響を最小限に抑制しながら矯正治療を始められることから、人前に立つ場面の多い方や、人生の大切なイベントを控えた方などにとって、最適な選択肢となるでしょう。

注意点・デメリット

長時間の装着ができない場合

自分で着脱できることは大きなメリットですがその一方で、装着時間をしっかりと自己管理できなければ、そのあとの治療の進捗が遅れる可能性もあります。インビザラインの治療では1日20時間、最低でも17時間以上の装着時間を守ることが求められ、装着時間を毎日キープすることができなければ十分な治療効果を得ることもできないのです。

歯の重なりが大きい場合

マウスピースだけでは矯正できないケースもあります。歯の重なりが大きい場合は抜歯やワイヤー矯正との併用による治療が必要となります。

骨格自体にズレがある方

マウスピース矯正は歯を移動させる矯正方法ですので、顎の骨格そのものが左右、あるいは前後にズレが生じている場合、その矯正にはあまり効果を発揮することはできません。

部分矯正がしたい方

マウスピースは上顎、または下顎全体に装着する矯正装置です。そのため、一部分のみをより限定的に矯正したい場合には、別の部分矯正を選択することのほうが、より適切と言えるでしょう。

仙台市青葉区のなかじょう矯正歯科クリニック 基本情報

医院名 なかじょう矯正歯科クリニック
住所 〒989-3126 宮城県仙台市青葉区落合5丁目15−41
電話 022-391-1182