舌側矯正

舌側矯正の特徴

舌側矯正の特徴舌側矯正は舌側(歯の裏側)にマルチブラケット装置を装着して、歯をきれいに並べていく矯正治療です。奥歯で見えない部分は一部外側に装置を付ける場合もあり得ますが、基本的には外側から装置が見えにくいのが最大のメリットとして挙げられます。

下の歯は装置がついていてもそれほど目立たないことから、上の歯だけ舌側矯正治療を行い、下の歯は外側につけるというふうに組み合わせる方法もあります。この場合、上下ともに舌側矯正を実施するよりも治療費を安く抑えることが可能です。

こんな方におすすめ

こんな方には舌側矯正がおすすめ舌側矯正は歯列をキレイに整えるために歯の裏に矯正器具を装着するものですので、普段通り日常生活している分には、他人に矯正をしていることはまず気づかれません。

歯の矯正を行うことは決して珍しいことではありませんが、日本にはまだまだ歯を矯正するという文化があまり浸透していない部分もあります。また、矯正治療ではどのような方法を選んだとしても、終了まではある程度の治療期間を要してしまいます。そうしたことなどから歯の矯正器具を表側に装着していると、その部位が際立ってしまい、多くの人に強い印象に与えてしまう傾向があり、特に仕事をしている人などでは、あまり目立たない治療方法を選ぶことが多いようです。

このように特に矯正器具を他人の目に晒したくないという人が行う矯正方法として、おすすめできる舌側矯正は、芸能的な活動をしている人や営業職の人、接客業を生業としている人にも、人気の方法と言えるでしょう。

メリット・デメリット

舌側矯正のメリット・デメリット裏側で目立ちにくいという一番のメリットは、そのまま異常などが見えにくい、気づきにくいといったデメリットにもつながります。また、舌の動きを制限することで発音がしにくくなるケースもあります。

そのため当院では基本的にはインビザラインで難しい症例で、どうしてもと強くご希望される方におすすめすることが多い治療法となっています。

仙台市青葉区のなかじょう矯正歯科クリニック 基本情報

医院名 なかじょう矯正歯科クリニック
住所 〒989-3126 宮城県仙台市青葉区落合5丁目15−41
電話 022-391-1182