大人の矯正治療 症例集

出っ歯の症例

出っ歯とは?

出っ歯とは?出っ歯は上顎前突といわれ、上顎の前歯が前方へ突出している不正咬合を指します。出っ歯の場合、意識的に唇を閉じようとしないと口が開いてしまうため、ポカンとした顔つきになりがちです。意識的に口を閉じようとすると、唇周りの筋肉に余計な緊張による負荷がかかってしまい、顎の部分にしわができたり、ムッとした表情になってきます。

また、唇が閉じにくいと口呼吸になるため、口内が乾燥し、歯周病を悪化させる恐れもあります。

八重歯・叢生の症例

八重歯・叢生とは?

八重歯・叢生とは?八重歯、叢生は歯が重なって生えてしまう、歯がデコボコする、といった状態を指します。顎のスペースに対し、歯の大きさや本数がかみ合わないことにより起こる不正咬合です。

八重歯、叢生の場合、歯ブラシが細かいところまで届かず、歯垢が残りやすくなってしまうため、虫歯や歯周炎になりやすい環境になってしまいます。

すきっ歯の症例

すきっ歯とは?

すきっ歯とは?歯と歯の間に隙間ができてしまう咬合を、一般的にすきっ歯と呼びます。顎のスペースに対して、歯が小さい、先天的に歯の本数が少ないことなどが原因で歯の間に隙間ができます。

歯間に食べ物が詰まりやすいことから、虫歯や歯周病の危険性が高い、空気が漏れることから発音が不明瞭になる、といった心配があります。

過蓋咬合の症例

過蓋咬合とは?

過蓋咬合とは?過蓋咬合とは、上顎の前歯が下顎の前歯を覆うような噛み合わせのことを指します。通常は上顎の前歯が下顎の前歯の3分の1、もしくは4分の1程度覆っていますが、過蓋咬合の場合、下顎の前歯がほとんど見えないくらい深く被さってしまいます。

過蓋咬合の場合、通常よりも歯と歯の接触が著しいため、下顎が動かしにくくなってきます。そのため、顎の関節に負担がかかり、顎関節症を発症する危険性があります。

開咬の症例

開咬とは?

開咬とは?開咬とは、奥歯が噛み合っている状態にもかかわらず、前歯が噛み合わず、常に上下の前歯が開いている状態を指します。先天的原因、後天的原因があり、先天的原因の場合は、遺伝により顎の骨の形態に問題があり、成長とともに進行していきます。一方後天的原因の場合、口呼吸や指しゃぶり、舌癖などがあります。

開咬によるリスクは様々で、しっかり噛まないまま食事をしてしまう、発音が不明瞭になる、口の中が乾燥する、顎関節症などの危険性があります。

反対咬合の症例

反対咬合とは?

反対咬合とは?反対咬合とは、前歯の噛み合わせが上下逆になっている状態を指します。一般的には「受け口」と呼ばれています。下顎が発達しすぎる、もしくは上顎が小さいことにより起こります。

歯ぐきが下がりやすいため歯周病になりやすい、発音が不明瞭になる、顎がしゃくれてくる、といった危険性があります。

仙台市青葉区のなかじょう矯正歯科クリニック 基本情報

医院名 なかじょう矯正歯科クリニック
住所 〒989-3126 宮城県仙台市青葉区落合5丁目15−41
電話 022-391-1182